本八幡で根本改善なら「やわら接骨院」

ビタミンと整体・・・

 

当院では肩こり、腰痛の改善にビタミンは欠かせない栄養素だと考え
心、食、体、がバランスをとれて健康だと考えております。ビタミン野菜
ビタミン不足の状態が続き、肩こり、腰痛が治りにくい
体内環境になっているかもしれません。
三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質などの他の栄養素の
吸収を高めてくれる
働きをしてくれるのがビタミンの役目です。
ビタミンには脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンがあります。

 

脂溶性ビタミン・・・

脂肪組織に蓄積されやすいビタミン

 

ビタミンA

視覚機能や皮膚・粘膜の形成、発育に

・レバー

・うなぎ

など

 

ビタミンD

カルシウムの吸収アップすることで骨を丈夫に!

・カツオ

・しいたけ

など

 

ビタミンE

抗酸化力で若返り効果!

・うなぎ

・ナッツ類

など

 

ビタミンK

出血を止める血液凝固

・納豆

・ブロッコリー

など

 

水溶性ビタミン・・・

体に蓄積されないので尿として排出され
常時摂取が必要なビタミンです。

 

ビタミンB1

糖質をエネルギーに変え、疲労回復

・米

・豚肉

など

 

ビタミンB2

髪や肌の健康を維持

・乳製品

・レバー

など

 

ビタミンB12

血液を作り貧血を防ぐ

・のり

・しじみ

など

 

ビタミンC

風邪などの予防や肌のハリが生まれます。

・野菜

・果物

・緑茶

など

 

ここからはビタミンだけでなくダイエットにも有効なバランスの取れた食生活について
お話します。
院長が実践していて、皆さまに推奨したいのはPFC管理がされた食事方法です。

PFCとは
P=タンパク質(protein)
F=脂質(fat)
C=炭水化物(Carbohydrates)

それぞれ1日何グラム摂取すると決め、バランス良く取ることで体脂肪が燃えやすく筋肉が落ちない体を作っていきます。
体重によってPFCの量は変わってきますので調べてみてください。

「炭水化物抜きダイエット」が人気ですが、
体の脂肪だけを落としたいならF(脂質)を減らす事をオススメします。脂肪燃焼

なぜなら、
脂肪は1gあたり9カロリー
炭水化物は1gあたり4カロリー
だからです。

また、炭水化物は人間活動のエネルギーであるため、それを抜くということは身体の中で
「糖新生」といって無理矢理体に糖を生み出そういう現象が起こります。そのエネルギーとして「筋肉」が使われてしまいます。

ですので炭水化物ダイエットでもたしかに「体重」は落ちますが、間違いなく筋肉も同時に落ちてしまっています。

筋肉が落ちますと代謝が落ちますので、どんどん代謝の悪い体になりリバウンドが起こりやすくなってしまいます。

(ボディービルダーの世界でケトジェニックダイエットといって脂質のみを摂る高強度のダイエットは存在します)

 

一般的に好きなものを食べる生活をしているとどうしてもF(脂質)が多くなりがちです。

まずは常用する調味料を変えるということから始めてみましょう。

マヨネーズ→醤油・塩

ごまドレッシング→青じそドレッシング

サラダ油→オリーブオイル

フライドポテト→サラダ

 

「食べたい物を我慢する」という小さな自制心の積み重ねでメンタルも安定し
心身共に健康的な状態を維持することができます。我慢

 

1日の食事の例

朝:玄米 納豆 味噌汁 目玉焼き プロテイン

昼:玄米 サバ缶 ひじき ゆで卵

夕:おにぎり プロテイン

夜:玄米 味噌汁 鶏むね肉 チーズ サーモン刺身

 

整体と食事・・・

ビタミンやバランスの良い食事についてお話してきました。血液サラサラ
慢性的な肩こりや腰痛などで悩まれている方は
血流の流れを良くすることが大切になります。
整体を受け施術をし改善へ向かっても体の中を巡る
血液の流れが悪いと再発してしまったり根本的な改善へとは
なりません。
整体を受け食生活を見直すことが改善への近道かもしれません。
また、バランスの取れた規則正しい食生活をすることができれば血液がさらさらに
なりやすく疲れがたまりにくい身体になります。

 

本八幡で整体・整骨院なら「やわら接骨院」 PAGETOP