本八幡で根本改善なら「やわら接骨院」

よく「骨盤がずれる」といいますよね。

それは具体的にどこがずれているか知っていますか?

今回はそれについてお話しますね。よろしくお願いします。

・・・「骨盤」の中で関節として解剖学的に動くといわれているものはお尻側にある「仙腸関節」という関節のみです。

ただし、整体では恥骨結合という恥骨のつなぎ目もずれるといわれています。

骨盤のゆがみと整体について

まずいわゆる「骨盤」というのは腸骨や仙骨、恥骨などの骨から構成される総称です。

いわゆる骨盤矯正はこの仙骨と腸骨からなる仙腸関節という関節のずれを調整します。

⑦図

 

 

 

 

 

お尻のちょうど中心にある骨をいいます。

・寛骨
腸骨、坐骨、恥骨によりできています。
・腸骨
文字通り腸が入っている部分の骨です。

・恥骨
内側にある骨です。

・仙腸関節とは・・・
骨盤にある関節です。
可動性はきわめて少ないですがここがずれることで様々な不調をもたらすといわれています。

骨盤と内臓の関係

輪っかになっている骨盤の中には内臓が入っており頑丈に守られています。

骨盤と背骨

骨盤の上には背骨がありその上に頭がありますよね。

すべての土台となっているわけですから、骨盤が歪むことで背骨が歪み、首や肩にも異常をきたすことがあります。

当院では肩こりや頭痛などでも骨盤のゆがみや腰の問題を解決することで根本から解決したり、再発しない身体を目指していきます。

骨盤と股関節

骨盤は足の上に位置していますよね。

足の異常や痛みがあっても骨盤が歪むことがあります。

とくに、野球やサッカー、テニス、ゴルフなど急に強く捻る動きが多いスポーツ選手はこの仙腸関節がずれることが多いです。ですが繊細なアスリートにとってはこの僅かなズレがあった方がかえって動きやすいという場合もあります。

一般的な人だと、足を組む癖があったり、立った時に片足に体重をかけることが多い、いつも決まった片方の手にカバンを持ってしまう、などが多い方はこの仙腸関節が歪んでいる可能性が高いです。

通勤女性

・骨盤矯正の効果について

「骨盤矯正」は一度やったからといってゆがみがなくなるというよりかは、骨盤矯正をしても姿勢やクセ、筋肉量、生活スタイルは変わっていないはずですので、再び元の悪い状態に身体は戻ろうとします。ですが一度骨盤矯正をして、正しい身体の姿勢や位置を体感するのが大事です。

そしてその正しい位置や姿勢を維持するために定期的に整体を受けたり筋肉をつけるのが重要かもしれません。

体の痛みや悩みが強いときは、最初は週に1回か2回施術を受けて、身体の調子が良くなってきたら2週間に1回、月に1回などと徐々に間隔を空けていくのがベストかと思います。

本来は骨盤矯正を受けなくとも自分の筋肉や意識で維持するのがベストですが、毎日が多忙の我々日本人はそうともいきませんよね。

・骨盤矯正の施術方法について

人間が100人いたら100通りの身体があるように、「これが正しい骨盤矯正のやり方です」というものは存在しないのが整体の面白いところです。

骨盤矯正の施術を受けたお客様の悩みが解消されたり「すごい動きやすくなったな」とか「なんか調子良いな」と思われたならそれがあなたにとっての「正解の施術」ですよね。

お客様おひとりおひとりのお身体に合わせた施術が重要ですね。

・産後の骨盤矯正について

「出産したら絶対骨盤矯正しなきゃ」というお話をよく聞きますが必ずしもそうとも限りません出産

痛みや不調があるのなら行ったほうが良い場合もありますが、かえって身体に負担がかかる場合もありますので一度ご相談ください。

当院でも産後の骨盤矯正は行っております。

産後1か月の検診で問題が無ければそれ以降でしたらいつでも開始できます。

本八幡で整体・整骨院なら「やわら接骨院」 PAGETOP