本八幡で根本改善なら「やわら接骨院」

結論から申し上げますと、当院には上下ともに貸出用の着替えもございますので基本的にはどんな着替えで来ていただいても大丈夫です。

着替えがない整体院に行く場合や、着替えを借りたくない場合にどんな服装できたら良いかお話します。

※あくまで施術者目線でお話しますので「絶対こうしてください」というわけではありません。「へえー」といった感じで気楽に読んでもらえたらと思います!

まず、整体を受けるときはなるべくリラックスした状態で施術を受けると、整体の効果が高まります。施術効果だけでいうと、着慣れた部屋着がベストかもしれませんね。部屋着

服装や髪型によってで施術効果が減少しないように、どんな服装や髪型がよいのか例を挙げます。

具体的なオススメの服装

・ゆったりしたラフなサイズのもの

・ゆったりとしたシャツ

・スウェット・ガウチョ・ジャージ

服の素材は、できるだけコットンのほうが施術の際に滑りにくいのでおすすめです。

肌触りのつるつるした素材のようなものは、施術の際に指が滑りやすかったり、刺激が足りないと感じるかもしれません。

なるべくベルトがない物の方が、腰まわりの施術がしやすかったり、おなかへの圧迫感がなくリラックスできますね。

また、筋肉や体の硬さの状態が施術者に伝わりやすいと施術がしやすく効果が出やすいため、なるべく薄い素材の服がオススメです。

「下着が見えないか」や「シワにならないかあ」、「生地が傷んだり破れないか」などを気にする心配がない服で行きましょう。

髪型について

お団子ヘアー

髪が長い場合はできればお団子やポニーテールにしましょう。お団子 女性

男性は特に整髪料をなるべくつけない方が良いと思います。首の付け根や頭皮に施術をすることもありますのでワックスなどがついているとタオルが引っかかってしまうことがあります。

髪の毛が長い人は、髪を束ねていただいた方が施術がスムーズにできるので施術効果が出やすいかもしれません。

髪を束ねたくない人や、髪をまとめる長さがない場合は、横に流すだけでもOKです。

また、施術者に髪を触られるのが気になるようならば、自分で寄せるようにしましょう。

ピンやクリップなどをつけないほうが良いです。(首や頭部の施術をするときに当たるとたぶん痛いです・・・)

整体に適さない服装・髪型

※やわら接骨院には着替えがありますので一般的な整体院・整骨院に行くときのお話です。

適さない服装とその理由

【タートルネック、フード付パーカー】

首の施術がしづらい、とくにフードつきのパーカーは、仰向けになったとき真っすぐに寝ることができなくて施術効果が下がります。

【セーターや厚手のもの】

厚手の服は筋肉の硬さや状態が少し伝わりづらく、厚手のトップスはNGです。また、指圧の力が伝わりづらく効果が半減します。

着ていた場合は脱いでいただきシャツになっていただく場合があります。

【デニム生地】

伸縮性が無いので、足のストレッチや施術をする際に不向きです。貸出用の半ズボンに着替えていただきます。

【スカート】

施術ベッドで仰向けになることがあるため、基本的に短いスカートでは施術を受けることができません(長い丈のものでしたら大丈夫です!)着替えていただくか、そのまま貸出用の半ズボンを履いていただきます。

【ストッキング、タイツ】

足の痛みで来院されてストッキングをはかれている場合脱ぎましょう。

肌に密集しているので施術効果が減少してしまうことがあります。

【スーツ】

しわになったり、生地が傷むことがあります。

やわら接骨院ではお仕事帰りでも来院いただけるように、貸出用の着替え、ハンガーやスーツ掛けがございます。

NGな髪型

ヘアピン

ヘアピンは、首や頭への施術の際に、お客様も施術者も怪我をしてしまうことがあるのでなるべく外しましょう。

ヘアピン

整髪料

首や肩がつらく来院される方には施術で頭を触ることがあるため、かっちりセットをされるのはオススメしません、

施術後に間違いなくぐちゃぐちゃになってしまいます。

整髪剤

整体にふさわしい服装や髪型が理解できてても、初めての整骨院は緊張してしまいますよね。

少しでも来院までの間に緊張が解けるよう、当院では電話カウンセリングも実施しています。お気軽にお問い合わせください。

本八幡で整体・整骨院なら「やわら接骨院」 PAGETOP