本八幡で根本改善なら「やわら接骨院」

そもそも「腰痛」とはまずなんなの?という話を説明いたします。

腰痛とは・・・

腰を主とした痛みや筋肉の張りなど、不調の総称です。

一般には、座骨神経痛を代表とした足などの痛みをともなう場合も腰痛に含みますと記載されています。

腰だけというわけではなく、足やお尻なども含む痛みもすべて「腰痛」ということになります。

当院では、腰に痛みが出た日時や原因によって、施術の方法やケアも変わります。

腰痛は、日本国内では男性が1位、女性が2位といわれるくらい多い悩みで、

人生で皆様も一度くらいは経験している悩みなのではないですか?

腰痛 女性 腰痛 男性

放置しておくとどんどん痛みは強くなり、痛みだけではなく、しびれや力が入らないなどの不調にまで発展してしまうことがあります。

そうならないために、

腰痛のことをしっかり把握し、説明、適切な施術をします。

・・・急性腰痛(ぎっくり腰)

急性腰痛とは、起きた時期が4週以内の痛みをさします。

ギックリ腰は急性腰痛ですね。ぎっくり腰 女性

炎症そのものが強く、動きを制限して、安静にしておく必要があります。人によってはこの期間は来院せず安静にしていた方が良くなる場合もあります。

逆にマッサージをしてしまったりすると、

切り傷に塩を塗るようなことになるため、注意するべき痛みでもあります。

一度当院にご相談ください。

炎症を抑える施術や、コルセットやテーピング、アイシングなどもおすすめします。

 

・・・亜急性腰痛

急性腰痛の次の段階で、4週以上で3ヵ月に満たない時期を痛みを指します。

急性腰痛をしっかり良くしておかないとこの痛みに移行してしまいます。

・・・慢性腰痛

これが、国民の多くがかかえる腰痛です。

3ヵ月以上が経っても痛みがある状態・または特に思い当たる原因がないのに数か月以上ずっと腰が痛いというのがこの腰痛です。

日常的に腰になんらかのストレスがかかっているとこの腰痛は長引いてしまいますね。

・・・腰痛の種類

腰痛は良くなるものの方が圧倒的に多いです。

腰痛は、大きく分けて下記の2種類です。

①原因がわかる腰の痛み

②原因不明の腰の痛み

については内臓疾患によるものや、怪我、打撲、ヘルニアや狭窄症、

または腰椎分離すべり症などになります。腫瘍や先天性の病気によるものなども含まれますね。

ですが、大半の方は②のによる腰痛です。

整形外科にいってレントゲンやCT,MRIなどをしても問題ないといわれ、

飲み薬や湿布で我慢するというその痛みです。ですがレントゲンを撮って「異常は無い」という結果もとても重要なものです。そこで異常がもしもあった場合、早急に対処しなくてはならないわけですから。

ここからは、の原因不明の腰痛に対する、家でできる簡単なセルフケアを紹介します。

 ・・・慢性的な腰の痛み痛のセルフケア

原因として圧倒的に多いのが筋肉が原因による腰の痛みです。

「肉体労働してないのに?」と思うかもしれませんが、

反り腰といって腰を反ったり、お腹を突き出すような姿勢で立っていたり、

逆に腰を後ろに倒して座っている人がとても多いです。

姿勢を正しくしようと胸を張ると逆に腰が反ります。座るときもだらっと座ると骨盤が後ろに倒れ、腰の筋肉が常に引っ張られてしまいます。

骨盤が正しい位置にあることで腰の負担が減りますので骨盤の位置が整うセルフマッサージを紹介します。

①太ももの前についている筋肉をマッサージとストレッチ(大腿四頭筋)

太ももの前についている筋肉は骨盤と膝を繋ぐ筋肉です。

この筋肉が固くなっていると骨盤を前方に引っ張りしまうため、柔らかくしておきましょう。

②お尻の筋肉をマッサージとストレッチ

長時間座っているとイスとお尻の骨の間にあるお尻の筋肉が常に圧迫されてしまいます。

お尻の筋肉は腰を支えていますし、お尻の筋肉が固くなることで、骨盤が後ろに倒れやすくなります。こちらもしっかり柔らかくしておきましょう。

③膝の裏からふくらはぎにかけての筋肉をマッサージ・ストレッチ

全身の筋肉には筋膜というビニールのような膜で覆われています。

ふくらはぎの筋肉と腰の筋肉は筋膜で繋がっていますので、ふくらはぎをほぐすことで腰の負担が減りますので柔らかくしておきましょう。

これらは決して強い力でマッサージをせずに心地よい程度の加減で行ってください。

以上、最後まで御覧いただきありがとうございました。

本八幡で整体・整骨院なら「やわら接骨院」 PAGETOP